www.forestheightsms.com

自己破産にあたって借り入れに関し保証人となる人物が存在する場合は、早い段階で話しておくべきです。ここで、強調させていただきますが負債に保証人が存在するときは破産宣告の前段階で少し検討する必要があります。つまりはあなた自身が破産して受理されれば、その保証人があなたの借り入れを全部果たす必要が生じるからです。ですから、破産宣告の前段階であなたの保証人に、これまでの詳細や現在の状況を説明し、お詫びの一つもなくてはならないでしょう。それは保証してくれる人の立場で考えると当然必要なことです。破産手続きをするために、強制的に膨大な負債が生じることになるのです。それで、以後の保証人である人の取るべき道は4つになります。一つの方法は、その保証人が「みな返済する」という手段です。保証人となる人がすぐにでも大きな負債をラクに完済できるような現金を用意しているならば、この手段を取ることが可能です。ただその場合は、自分は破産宣告せずに保証人自身に立て替えを依頼して、自分はあなたの保証人に月々の返していくということもできるのではないかと思います。その保証人が借金をした人と良いパートナーであるなら、少しだけ弁済期間を猶予してもらうこともできないこともないかもしれません。まとめて完済不可能だとしても金融業者も分割支払いに応じるかもしれません。あなたの保証人にも破産による整理を実行されるとカネが全然戻らないことになるからです。また保証人があなたのカネをあなたに代わり払う経済力がないなら、あなた自身と同様に何らかの方法による債務の整理を選ばなければなりません。続いてが「任意整理をする」ことです。この方法は債権者と話し合う方法で、5年ほどの年月で弁済していく形を取ります。弁護士事務所に依頼するときのかかる経費は1社ごとに4万円。7社からの借金がある場合だいたい28万円かかることになります。必要な貸方との話し合いは自ら行うこともできないことはないかもしれませんがこの分野の経験も知識もない方の場合向こう側が自分たちにとって有利な内容を提示してくるので気を付けた方がいいでしょう。くわえて、任意整理してもらう場合はあなたは保証人に借り入れを負担してもらうことになるのですから、あなたもちょっとずつでもあなたの保証人に支払いをしていく義務があります。続いて3つめはその保証人も返済できなくなった人と同様に「破産申告する」ことです。あなたの保証人もあなたと同様に破産手続きをすれば保証人となる人の借金も消滅します。しかしながら、もし保証人が住宅等の不動産を持っている場合はその個人財産を没収されますし法令で資格制限のある業界にいるのであれば影響は避けられません。その場合、次の個人再生を活用するといいでしょう。4つめの方法としては「個人再生という制度を使う」方法があります。戸建て住宅などを残して債務の整理を行う場合や、破産申告では資格制限がある職務についている方にメリットのあるのが個人再生という制度です。この手段なら、不動産は処分する必要はありませんし自己破産のような職種の制限資格制限等は何もありません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.forestheightsms.com All Rights Reserved.