www.forestheightsms.com

新聞のチラシ、電柱に配布されたチラシやDMで「多重負債の片付け手伝います」「借金をまとめたいと思ったら」という宣伝を見ることがありますよね。こういったものは、「整頓屋」「買取専門人」「紹介人」という通称の悪徳企業の詐欺広告の場合があるということなのです。それらを使ったときには破産申請手順の中で一番大切な免責認定を受けられなくなるリスクが存在します。「整理屋」は、広告などで借金を抱える人はおびきよせ相当な費用を受けて整理をやりますが、現実には整理は行われないで、債務者はさらなる負債地獄にはまってしまう結末がほぼすべてと考えてください。「買取専門屋」というのは、債務人のカードで、利用チケットを山ほど購入させて、当人からそういった品々を販売額の30%ー半値で引き取るという手口が知られています。債務人は一時的には金銭が手に入れられますがクレジット業者による購入品の販売額の支払い要求が届き、実際のところ借金をアップさせる結末で終わります。この場合だとクレジットカード業者への犯罪とされて免責が手に入れられません。「紹介者」の場合は、人気の消費者金融から拒絶されるようになった負債者に、業者としては貸出は全然せずに、金貸しを受けられる関係無い業者を知らせて、高額な手数料をもらう悪徳業者です。つなぎ業者は自らの手続きで金貸ししてもらえたというように話しますが、現実には何もしないで、単純に審議のゆるい店を把握しているだけというやり口です。債務を重ねる結果に終わります。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.forestheightsms.com All Rights Reserved.